*

ドコモ光に乗り換え

フレッツ光からドコモ光への転用はお得なの?メリットから手続きまで一挙ご紹介!

投稿日:

フレッツ光からドコモ光への変更、何がどう変わるの?

こんにちは!とく子です。

ドコモユーザーであれば一度は聞いたことがある「ドコモ光」。気になっている人は多いのではないでしょうか?
現在、フレッツ光を契約している人は、ドコモ光とフレッツ光の違いは何か気になっている人も多いと思います。

フレッツ光からドコモ光へ変更する場合は、光回線の「乗り換え」ではなく「転用」となります。そのため、一般的な
乗り換えとは違う手続きが必要になります。また、乗り換えにはないメリットや費用の節約ポイントもあり、
実はおススメなんです。

ここでは、フレッツ光からドコモ光への転用方法やメリット、デメリットなどご紹介していきます。転用を検討している人は
ぜひ参考にしてみてくださいね!

ドコモ光は「光コラボレーション」のひとつ

フレッツ光とドコモ光は、同じ「光回線」というインターネット回線です。同じ回線なので、パソコンやスマートフォン、
ゲーム機などをインターネットに繋げることができるのには変わりありません。

また、ドコモ光というのは、「光コラボレーション」というサービスのひとつです。光コラボレーション(通称「光コラボ」)とは、
NTT東日本・NTT西日本が提供している「フレッツ光」の回線をそのまま借りて、各事業者が提供しているインターネット回線です。

つまり、ドコモ光の光回線は、NTTから借りている回線を利用しており、実質フレッツ光と同じ品質なんですね。

しかも、ドコモ光のような光コラボは、フレッツ光の回線を利用し、独自にキャンペーンや施策をプラスして提供しています。
そのため、フレッツ光と同様の品質の回線を利用しながら、フレッツ光よりもお得にインターネットが使えるというわけなんですね。

レンタル機器や固定電話の番号はそのまま利用できる

転用とは、フレッツ光から光コラボのサービスに乗り換えることを指します。フレッツ光利用者が持っている固有の
お客様IDや電話番号はそのままに、サービス事業者だけを乗り換えるのが「転用」です。

転用の場合は、回線自体の変更はありませんので、元々フレッツ光で利用していた機器や電話番号はそのまま利用できます。
一般的に回線乗り換えの際には、現在使用中の回線は解約となり、それに伴いお客様IDなどの番号も新しいものに変更と
なります。そのため、新しい回線の設定に手間がかかります。

しかし、転用であればそのまま利用できるため、安心して使えますよね。

ドコモ光へ転用するメリット、3つ

フレッツ光からドコモ光への転用は、ただ事業者がドコモに変わるだけではありません。大きなメリットがあります。
一つずつ見ていきましょう。

コスト面で安くなる!

フレッツ光に比べて、ドコモ光は安くてお得にインターネットが利用できます。同じ光回線であれば、少しでも安い料金で
インターネットが使えると嬉しいですよね。理由は、フレッツ光は基本料金に別途プロバイダ料金が必要となりますが、
ドコモ光の場合はプロバイダ料金が含まれた値段設定となっているからです。

例えば、戸建契約の場合、フレッツ光だと基本料金が5,400円です。さらにプロバイダ料金が別途かかるため、合計で
6,800円位かかります。一方、ドコモ光は基本料金とプロバイダ料金がセットで5,200円です。約1,600円程度、ドコモ光が
安くなります。1年間だと19,200円、5年間だと96,000円、ドコモ光だとお得です。この差は大きいですよね!

しかも、ドコモ光では提携プロバイダが26種類あり、選ぶことができます。選ぶプロバイダによって料金は異なりますが、
いずれにしても料金はプロバイダ料込みの金額のため、別途請求がくることはありません。安くて安心して使えますよね。

ドコモユーザーならスマホとセットでお得になる!

ドコモのスマートフォンを利用しているユーザーであれば、ドコモ光を契約することでセット割引を受けることができ、
とってもお得なんです!

スマートフォンや携帯電話はドコモ、インターネットは別の会社を契約している場合、月々の通信費はそれぞれに支払が
生じています。それを両方ドコモにすることで、支払先が一元化する上にセット割が使えてお得です。

セットの割引額は、契約しているパケットパックの種類によって変わってきます。
パックの種類と割引額は、以下の通りです。(2018年5月末現在のデータです)

家族でわけあうなら

・ベーシックシェアパック(30GB):-1,800円
・ベーシックシェアパック(15GB):-1,800円
・ベーシックシェアパック(10GB):-1,200円
・ベーシックシェアパック(5GB):-800円
・ウルトラシェアパック(100GB):-3,500円
・ウルトラシェアパック(50GB):-2,900円
・ウルトラシェアパック(30GB):-2,500円

一人で使うなら

・ベーシックパック(~20GB):-800円
・ベーシックパック(~5GB):-800円
・ベーシックパック(~3GB):-200円
・ベーシックパック(~1GB):-100円
・ウルトラデータLLパック:-1,600円
・ウルトラデータLパック:-1,400円
・ケータイパック:-500円

例として、ドコモのベーシックパックを使っている人は、スマホ1台につき月800円割引が受けられます。
家族でシェアパックを契約している人は、更にお得になります。

割引は、スマートフォンの料金から引かれる形になります。スマホの料金が、インターネットとセットにするだけで
安くなるのはとっても嬉しいですよね!スマホがドコモであれば、セットで安くなる回線はドコモ光しかありませんので、
docomoユーザーにとってはドコモ光一択といったところでしょうか。

キャッシュバックが多い!

以前は、フレッツ光もよくキャッシュバックキャンペーンを行っていました。家電量販店では、「家電を割引!」や
「ゲーム機のプレゼント!」など目立つものが多かった印象です。しかし、現在ではフレッツ光のキャッシュバックの
キャンペーンはほとんど見かけなくなりました。その理由は、主に「加入者がピークに達した」からだと言われています。

以前は、ADSLが主流の時代にパイオニアとして全国に光回線を引いたNTT。ADSLと比べ高価な印象も強い時代だったため、
最初は「光回線は安くて高品質!」と謳い、豪華なプレゼントやキャッシュバックキャンペーンで加入者を増やしていきました。

しかし、今や光回線が主流となり、NTTとしては新規利用者を増やすのに力を入れる必要がなくなったんですね。そのため、
キャンペーンもほとんど見かけなくなりました。

そうして、今度は、NTTは「フレッツ光を貸す」という方向にシフトチェンジしたというわけです。これが「光コラボ」なんです。
光コラボは始まって数年ですので、まだまだ加入者を増やしたいタイミングです。そのため、新規加入者の獲得に力を入れており、
キャンペーンが充実しているんですね。

今加入するのであれば、同じ回線ならフレッツ光よりも光コラボがお得なんです!

なお、ドコモ光では、フレッツ光からの転用の申込でもdポイント10,000ポイントプレゼントのキャンペーンを実施しています。
dポイントは1ポイント1円として携帯電話の機種変更などに利用できますので、実質10,000円もらえるのと同じですよね。
スマホとのセット割引に加え、キャッシュバックがあるドコモ光は、フレッツ光に比べてお得だといえますよね!

無線LANのルーターが0円のプロバイダがある

自宅でインターネットを利用する際、あると便利なのが無線LANルーターです。もはや現在、必須とも言えますよね。
無線LANにすることで、ケーブルが不要になり、部屋がスッキリとします。さらには、スマホやゲーム機をWi-Fi接続して
利用するには、無線LANは必須です。

そんな便利な無線LANですが、フレッツ光の場合はレンタル料が月々300円かかります。もちろん、購入したものを使うことも
できますが、いいものだと10,000円以上してしまいます。

一方、ドコモ光は選ぶプロバイダによって無料で利用することが可能です。それは、「GMOとくとくBB」をプロバイダに選ぶと、
高品質の無線LANルーターが無料で借りられます!

GMOとくとくBBはドコモ光で選べるプロバイダの中では安い料金タイプAに属していますし、高速通信も可能で
インターネット通信が快適に利用できます。さらにルーターも無料とお得ですので、一番おススメのプロバイダです!

後述しますが、フレッツ光からドコモ光への転用と同時にプロバイダを変更することで、よりお得にインターネットを
利用することができる場合もあります。プロバイダ変更を検討している人は、GMOとくとくBBがおススメですよ!

工事費や解約金がかからない

フレッツ光からドコモ光への転用は、新たに工事費やフレッツ光の解約金がかかりません。
これは乗り換えに比べて大きなメリットです。

新しく光回線を引く場合は、通常20,000円近くの工事費が必要になります。初期費用がかからないのはとっても嬉しいですよね。
さらに、フレッツ光の解約金も0円です。フレッツ光は通常、最低契約期間が2年と設定されています。2年以内の解約は違約金が
発生するのですが、転用であれば解約金がかからず乗り換えられるのです。これは嬉しいですね!

転居の際に手続きが楽になる

フレッツ光は、NTT東日本・NTT西日本がそれぞれ提供しており、東日本エリアと西日本エリアに分かれています。
そのため、エリアをまたいで引越しする場合は、その手続きが非常に面倒です。

例えば、東日本エリアから西日本エリアに引越しする場合は、今まで契約していたNTT東日本の「FLET’S 光」を解約し、
NTT西日本の「フレッツ光」へ新規申込手続きが必要となります。
解約する際には、新規申込時のキャンペーン状況によっては違約金がかかってしまうこともあります。

一方、ドコモ光は全国docomoがサービス提供しているため、転居に伴う解約等は、基本的には発生しません
(場所によってドコモ光が利用できないエリアもあります)。基本的には住所の変更の手続きと、新居の工事手続きのみで
手続きが完了しますので、フレッツ光の引っ越し手続きよりも楽だと言えます。

転居の際は、フレッツ光でもドコモ光でも新居での工事費用は発生します。それ以上に違約金が発生するのは勿体ないですよね。
全国への転勤の可能性が高い家族や、広範囲の異動を伴う可能性がある家族にとっては、引っ越し時の手続きが
楽な方がおススメと言えますよ!

転用時に注意する事

メリットが多く嬉しいドコモ光への転用ですが、一方で気を付けるポイントがいくつかあります。

フレッツ光のポイントが消滅する

フレッツ光の利用者は、NTT東日本であれば「フレッツ光メンバーズクラブ」、NTT西日本であれば「CLUB NTT-West」と
いう会員プログラムに加入しています。これは、毎月の利用料金などに応じて、ポイントが貯まるサービスを提供しています。

フレッツ光からドコモ光に変わると、このポイントは引継ぎできずに消滅してしまいます。ポイントを利用したい場合は、
転用前までに活用しておきましょうね!忘れて転用してしまうと全部消えてしまいますよ。

ドコモ光からフレッツ光に戻すことはできない

フレッツ光からドコモ光への転用はスムーズに可能です。一方、ドコモ光からフレッツ光には転用ができません。
ドコモ光からフレッツ光に戻したい場合は、ドコモ光を解約してフレッツ光と新規契約をする流れになります。

しかし、ドコモ光からフレッツ光に戻しても、回線自体は同じなので通信速度が上がるなどのメリットはありません。
なので、基本戻す人はいないようです。

契約事務手数料は発生する

フレッツ光を利用しているということは、すでに光回線の初期工事が完了しているということです。そのため、ドコモ光の
転用であれば工事の必要がない=工事費もかからない!ということになります。
しかし、契約変更の事務手続きは必要になりますので、契約事務手数料の3,000円(税抜)は必要になります。

とはいえ、一般的に光回線を契約する時には、初期費用が20,000円以上かかることを考えると、かなりお安く感じますよね。

回線速度のアップグレードで工事費発生の可能性あり

基本的には、フレッツ光からドコモ光の転用時には工事費はかかりません。しかし、フレッツ光の契約内容によっては有料の
派遣工事が必要な可能性があります。特に、現在契約中のフレッツ光が最大速度1Gbpsに対応していない場合、ドコモ光の
転用時にアップグレードを行うことが可能です。その場合は、工事費が別途7,600円かかります。

有料にはなりますが、アップグレードにより1Gbpsの高速通信を利用することができ、転用により快適にインターネットを
使用することが可能になります。せっかくドコモ光を使うのであれば、高速通信を利用できる環境にするのがおススメです。
また、自分が契約しているプランを確認したい場合は、フレッツ光に先に問い合わせておくと安心でしょう。

プロバイダは転用時に変更するとお得になる

フレッツ光からドコモ光に転用する際に、プロバイダ会社をそのまま引き継いで利用することが基本的には可能です。
しかし、ドコモ光に転用するのであれば、そのタイミングで同時にお得なプロバイダに乗り換えるのも一つの手です!

ドコモ光では、選ぶプロバイダによって料金が2パターン存在します。安いタイプAと200円高いタイプBです。タイプAとBで
サービス内容に差があるわけではありませんので、それであれば安いタイプAを選ぶ方がお得です。

プロバイダの変更の場合は違約金に注意が必要!

しかし、プロバイダの変更には注意点もあります。フレッツ光の回線契約に関しては、転用の場合は違約金が発生しません。
しかし、同時にプロバイダを変更すると、プロバイダの更新月以外の変更の場合は違約金を払う必要はやっぱりあるんですね。

ドコモ光に転用する時に、フレッツ光のプロバイダを引き続き利用することは可能ですし、その場合はプロバイダの違約金も発生しません。
プロバイダは、ドコモ光に回線を変更した後も簡単に変更することが可能です。なので、現在契約しているプロバイダが更新月以外で
違約金が発生するようであれば転用後に違約金が発生しない月を待って変更手続きをするのがおススメです。

とはいえ、現状のプロバイダに大きな不満があり、今すぐに変えたい!ということであれば違約金を払ってでも
変更することは可能です。費用面と快適さ、何を優先するのか検討の上タイミングを見て変更するとよいですね。

フレッツ光からドコモ光への転用の手順

では、いよいよフレッツ光からドコモ光への転用、実際の手続きをご紹介していきますね!

転用承諾番号を取得する

一番初めに、フレッツ光に問い合わせを行い、手続きに必要な「転用承諾番号」を発行してもらいます。
転用承諾番号は、電話問い合わせで発行が可能です。また、電話以外にNTT東日本・NTT西日本の公式ホームページからも
できますので、該当エリアの窓口から問い合わせを行ってください。

ドコモ光への申込を行う

転用承諾番号が取得できたら、いよいよドコモ光との契約です。
ドコモ光の契約は、ドコモショップの窓口で行うことが可能です。しかし、窓口は比較的常に混んでいて、
時間がかかる場合が多いです。時間が取れない人や小さな子どもがいる人はとても面倒ですよね。

そんな時は、WEBからの申込みがおススメです。ドコモの公式ホームページから申し込みもできますし、代理店の
ホームページから申し込むことも可能です。

特に、ドコモ光への転用でもキャッシュバックなどお得なキャンペーンを実施している代理店があります。
そういった代理店の窓口から申し込みをする方がお得ですので、ぜひおすすめです。

工事の立ちあいは基本必要なし

通常、インターネット回線の開通には工事が必要です。また、その場合、1時間程度工事に立ち合う必要があります。
しかし、フレッツ光からの転用の場合は、工事が必要なく、立ち会いも必要ありません。

工事日を決める手続きの電話や、1時間の立ち合いなど面倒なステップを省略することができるので、とても楽です。

プロバイダの変更を同時に行う場合

ドコモ光の転用と同時にプロバイダを変更する場合は、新しいプロバイダからの利用案内が届きます。開通の案内には、
利用開始に必要なお客様IDやパスワード情報や、回線切り替えの日時などが書かれています。

回線切り替えが完了したら、インターネットの接続設定が必要になります。その際、これらの利用案内書が必要になりますので、
書面は手元でしっかりと保管しておきましょうね。

フレッツ光からドコモ光への転用は簡単でお得!

いかがでしたか?ドコモ光への転用は、解約金や工事費もかからず手続きも非常に簡単です。

特に、ドコモユーザーにとっては、スマホとセットでドコモ光を使うことで、割引などお得にインターネットを利用できます。
ドコモユーザーでフレッツ光を契約している人は、ぜひドコモ光への転用を検討してみてはいかがでしょうか?

-ドコモ光に乗り換え

Copyright© ドコモ光の導入体験記 , 2018 All Rights Reserved.